PM2.5 空気清浄機 おすすめ

PM2.5 微小粒子状物質もチャッチするイオンフォロー50 高性能空気清浄機

 

 

中国の大気汚染が日本にも飛来してくることは、毎年黄砂が飛来することから理解ができます。
さて、この中国の大気汚染PM2.5はその微小がゆえに厄介なわけです。

 

PM2.5の大きさは名称から分かるように、2.5マイクロメートルなのです。分かりやすくいうと髪の毛の直径の1/30(30分の1)だと思って結構です。

 

この大きさのものを微小粒子状物質といいますが、これを一度肺に吸い込むと肺の奥まで入って血管へ入ってしますんですね。
ですから厄介なわけです。

 

この微小粒子状物質もキャッチする空気清浄機は正直いって数少ない機種になります。
また、外出時に欠かせないマスクも当然花粉対策レベルでは防げません。

 

ここでは、こういった微小粒子状物質も防げる空気清浄機にマスクなどをご紹介します。

 

 

 

 

↓↓詳細は公式サイトへ↓↓
すみません、只今品切中です



 

イオニックプロターボ

 

 

ヤーマンのイオニックプロターボもイオン式空気清浄機です。
気になったので電話確認を取りましたら、2008年の製品品質テストで2.5マイクロメーターも確認済みとこのことでした。
イオンフォロー50の様なスタイリッシュではありませんが、機能面では十分です。

 

 

楽天ではイオニックプロターボは売れ切れ状態です。

 

 

↓↓イオニックプロターボ公式サイトでは在庫はあります。↓↓
しかも日本の販売元のヤーマンで¥19,800!!
お支払い方法は代引きとクレジットカード分割もあります

 

 

 

 

USB空気清浄機 6層フィルタでPM2.5より細かい粒子も除去

 

サンコーは、パソコン周りの空気を浄化する「USBパーソナルUV空気清浄機」(型番:USB6256B)を販売開始した。
価格は5,980円。

 

同製品は、パソコンのUSBポートに接続して利用できる空気清浄機。花粉をはじめPM2.5(μm)を除去し、最小0.3μmの微粒子もフィルターで空気をろ過できるとしている。フィルターはフィルター光触媒/抗ダニアレルギー/粒状活性炭/銀イオンAg+/フラット炭素/静電フィルターの6種類を付属。UVライトで空気の浄化も行えるという。

 

 


ダイキン 空気清浄機 TCK70M-W

 

 

ダイキン 加湿空気清浄機 うるおい光クリエール ハイグレードタイプ TCK70M-W ホワイト 空清〜30畳 加湿〜17畳

a,mazon購入者のレビュー 

 

今流行の中国からの飛流物質の黄砂とPM2.5対応に購入しました。住居は関東なので先ずは影響はないはずですが、以前、外に干した布団に黄砂がついているのは何度か経験しています。いろんなメーカの宣伝文句を比較検討したのですが、このメーカのが一番素直に説明してあり、第三者の評価もある。一番経歴が長い、一度リコールがあったのは知りましたが新品では改善されているはず、価格も手ごろと考えて決めました。オゾンは細菌を殺すかも知れないが人間の細胞にもダメージがあるのではないかと思います。ラジカルOHというのは強酸ではないかと思ってしまいます。過ぎたるは・・です。コンタミの捕集能力を考えるとPM2.5は定義が大きさが2.5μ以下、物質の種類は不問という内容なのでゼロまで考えるとHEPA フィルターでは3ミクロン以下は素通りULPAでも1.5μしか対応できない。直ぐに目詰まりすると思える。大きな差はなく全体として浮遊物の少ない環境に生活の時間の大部分過ごした方が効果があるだろうと考えました。説明にディーゼルエンジンの排気物質も捕集できると書かれていたので中国対応も効果があるだろうと類推しました。交換が10年は不要ということで製品寿命を考えると廃棄までメンテナンスは不要と判断できる。ズボラな性格には向いていると考えました。自分は花粉症でもなく、喘息もなく、動物も飼ってはいず、冬の乾燥も平気なので、この類は不要と思っていました。しかし、趣味でレンズ交換式カメラを部屋の中で使っているのですが 続きを読む

 

 

 

 

 


PM2.5対策マスクは

 

 

PM2.5はN95基準マスクで防ぎましょう!
N95基準とは、米国CDC(米国疾病管理予防センター)の下部研究機関であるNIOSH(米国労働衛生研究所)が定めた国家工業基準で『0.3マイクロメーター以上の微粒子を95%以上阻止できること』が規格基準として定められています。
福島第一原発事故後に認知されたN95マスクです。
こちらも、あの3.11の経験上売り切れるおそれがあります。詳細は→→→
高価なものですので、PM2.5予報で飛散が多い時に使うのも賢い使い方かもしれません。